07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

排出権取引

2009/10/13
温室効果ガスの削減を目指す上で大きなポイントとなる排出権取引

その排出権取引は、キャップアンドトレードベースラインクレジットの二種類があります。


キャップアンドトレードとは、企業や工場などに対してあらかじめ温室効果ガスの排出量に上限・枠(キャップ)を定め、

その排出枠を割り当てられた参加者間(企業・工場など)で排出枠の一部を自由に売買(トレード)できる制度です。

たとえば、温室効果ガスを削減し、排出枠に余りが出る企業は、排出枠を超えてしまいそうな企業に排出権を売却することができます。


一方、キャップアンドトレードに対してベースラインクレジットは、個々の主体に排出権を設定せず、

温室効果ガスの削減事業を行った場合、事業がなかった場合に比べた排出削減量をクレジットとして取り引きできる方式です。


現在、日本ではまだ試行実施が行われている段階ですが、

新政府の方針として2020年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減すること表明しているため

今後、排出権取引制度の導入に向けて動いていくと見られます。

今すぐにスタートするものではありませんが、これからの動きとして排出権取引はぜひ注目しておきたい制度の一つです。

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
16:29 環境キーワード | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。