03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

改正省エネルギー法

2009/09/09
省エネルギー法という法律をご存知ですか?

正式名称「エネルギーの使用の合理化に関する法律」で、省エネ法や省エネルギー法と呼ばれています。

この法律は、もともと1973年、1979年に起こったオイルショックを受けて、石油の使用を減らすために制定された法律です。

第一次オイルショック時にはエネルギー源供給の70%を石油に依存していた日本ですが、現在では50%以下となり、石油依存型のエネルギー供給は改善されてきています。

一方で、近年問題となっているのは地球温暖化です。

地球温暖化対策として温室効果ガスを削減するために、社会的に省エネが進められるようになりました。

そして現在では、地球温暖化防止のために省エネ法の改正が繰り返されています。


最近の改正で注目されているのが、来年から始まるエネルギー使用量の報告です。

2009年の改正によって、今まで工場や支店単位で把握をしていたエネルギー使用量を企業単位で把握しなければならず、企業全体で一年間のエネルギー使用量が1,500kl(石油換算)以上であれば、国に届出をしなければなりません。

今回の省エネ法の改正によって、たとえば
・テナントで入っている営業所などもエネルギー使用量を把握しなければならない
・コンビニエンスストアや飲食店などのフランチャイズチェーンも一つの企業としてみなす
というような変化があります。

大手のメーカーはもちろん、全国展開している飲食店なども今年から対応が求められるようになります。


報告内容は、今年度一年分のエネルギー使用量です。

提出は2010年の7月末までなのでまだまだ時間があるように見えますが、エネルギー使用量を算出するためにはいろいろとデータを集めなければならず、それが意外と厄介です。

早くに準備を始めるに越したことはありません。

まずは会社がエネルギー使用量1,500kl以上になるのかどうかを押さえておくと良いかと思います。


ちなみに…

改正省エネ法については、第6回のeco検定に出題されました。

会社全体に関する法律だしあまり自分には関係ない…とは言ってられませんね;




上記内容を含む、ユニバースの改正省エネセミナーです♪⇒
改正省エネ法 対応するための必須知識と対策セミナー

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
15:20 エネルギー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。